HOME > 商品安全への取り組み

商品安全への取り組み 

日本国内だけでなく海外のお客様へ高品質な鮮魚・食材をお届けするために、True World JapanはHACCP(ハサップ・危害分析重要管理点)に準拠した品質管理を行っています。鮮魚輸出作業では、新鮮な魚介類を鮮度を保ったまま世界各地のお客様にお届けするため、それぞれの魚に最適なパッキング方法を用いるとともに、パッキング工程をスピーディーに行うための工夫を行っております。
私たちはお客様に代わって築地市場で直接、魚を見て、触って鮮度を確認し、お客様のニーズにお応えする買い付けを行っております。
マグロ類なども、買い付け担当者が直接品質をチェックし、買い付けを行っております。
鮮魚のパッキング作業は、HACCP認証を受けた作業室(パッキングルーム)で行います。写真は、作業室への入室準備を行うスペース(前室)です。パッキングスタッフは健康状態を申告し、手を念入りに洗浄し消毒し、衛生キャップをかぶり、そして消毒された長靴をはいた上で、作業室への入室が許可されます。
最初に入荷してきた魚の温度を計測し、鮮度と品質が保たれているかどうか確認します。
魚の鮮度・状態を手にとってチェックし、不良品を取り除きます。
鮮度を保つだけでなく、お客様に届いたときに食べごろとなるよう、魚を冷やす氷の量などを調整します。
魚の種類、目的地までの所要時間などに合わせ、最適なパッキングを行います。
パッキングルームの全景です。作業台や流しの設置基準、資材、ケースの置き方など、すべてHACCP基準に準拠しており、衛生かつ効率的な作業を行っています。